塗り替え時期のポイント

「外壁塗装の塗り替え、そろそろかしら?」
なんてお悩みの方、すぐわかるセルフチェックで、塗り替え時期が来ているかどうかご自宅の外壁を診断してみませんか?

塗り替えの目安はおよそ10年ごとと言われていますが、立地環境や施工の状況によってはより長持ちしたり、逆にもっと早く塗り替えが必要になる場合も。
外壁の状態を定期的にチェックしておけば、費用対効果が一番高い時期にかしこく工事をご依頼いただくことが可能です!

■チョーキング(さわると白い粉がつく)

危険レベル:★★☆☆☆


どんな症状?:外壁を手で触ると白い粉が指に付く


原因は?:塗膜が雨や紫外線で分解され、粉状になるため


▼放置していると?
すぐさまトラブルに発展する、というわけではありませんが、塗膜が劣化し、外壁の防水性や耐久性が低下している状態です。

そのままにしておくと外壁が水分を吸収し、コケやカビが発生したり、ヒビ割れにつながる恐れがあります。

■ひび割れ(クラック)

危険レベル:★★★☆☆


どんな症状?:外壁に幅1mm以上のひび割れがある


原因は?:塗膜の劣化による外壁の乾燥・建物の揺れ


▼放置していると?
ひび割れが進行すると、建物の内部に水が入り込み、構造材を腐らせたり、雨漏りを発生させてしまいます。
特に3mm以上のひび割れの場合は今すぐ補修が必要!

外壁材がサイディングの場合は、ゴム状の目地材である“コーキング”部分のひび割れについても、点検・メンテナンスが必要です。

■汚れ(カビ・錆・コケなど)

危険レベル:★★★★☆


どんな症状?:特に日当たりの悪い場所によく見られる


原因は?:防水性が低下し、壁が水分を含むことで起こる


▼放置していると?
サイディングボードなど凹凸の大きい外壁は特に注意!
表面に水汚れが溜まりやすいため、塗装の効果が失われると、コケやカビが発生しやすくなってしまいます。

汚れが発生すると外壁部分がもろくなり、腐食が進むばかりか、外壁の剥離など大きなトラブルに繋がることも。
早めの塗り替えが必要です。

■塗装の剥がれ・めくれ

危険レベル:★★★★☆


どんな症状?:外壁や屋根の表面がポロポロ剥がれる


原因は?:ほとんどの場合が施工不良によるもの


▼放置していると?
外壁がむき出しになっている状態ですので、今すぐ塗り替えが必要!
そのままにしていると外壁に水分が染み込み、雨漏りの原因となってしまいます。

多くは下地材の選択ミスや、下地処理不足といった施工不良が原因で起こります。

■雨漏り・壁のシミ

危険レベル:★★★★★


どんな症状?:天井や壁のシミ、壁紙が剥がれてくる


原因は?:塗装の劣化やひび割れによるものが多い


▼放置していると?
ここまで来ると、塗装工事だけで対処することは難しく、費用も大掛かりなものになってしまいます。

雨漏りは建物を腐らせ、耐久性を著しく低下させてしまうばかりではありません。
白アリを呼び寄せたり、アレルギーなど家族の健康にも害を及ぼす恐れがありますので、早急に工事をご依頼ください。